【悲報】男化粧も基本のスキンケアができてないと意味なし!

男性の化粧やメイクのイメージは表面的

男が化粧といってもファンデーションやコスメばかりではない

男が化粧といってもファンデーションやコスメばかりではない

化粧とかメイクというと、男性は、

  • ファンデーションを塗る とか
  • アイラインを引く
  • 口紅を塗る

などの「見た目が大きく変わる化粧」のことばかりに目が行くかもしれません。

でも、基本のスキンケアができていないと、せっかくの男化粧も映えません!!

スキンケアが基本

化粧やメイクの前の基本のスキンケアが重要

化粧やメイクの前の基本のスキンケアが重要

  • 乾燥でカサカサしていたり、
  • 逆にオイリーでべた付いていたり、
  • ニキビができていたり
  • ニキビ跡が色素沈着やクレーターになっていたり・・

こんな肌トラブルに見舞われているようでは、化粧の効果が半減してしまいます。肌きれい男であることが、男性も化粧ができるようになるスタート地点です。

肌の老化を防いで若々しさをキープ

肌状態をチェック 

肌状態をチェック

スキンケアというのは、お肌をしっとりうるおった状態に保つ(保湿)という意味もありますが、長い目で見れば、

  • シミ や
  • くすみ、
  • シワ

などの肌トラブルや、肌の老化を防ぐ効果も期待できます。

クレンジングも重要

ファンデーションなどのメイクも、塗ったままでは肌トラブルの原因になりますので、帰宅したらすぐにクレンジングでしっかり落とすことが重要です。

朝晩のスキンケアでは、「顔を洗った後に、必ず化粧水と乳液をつける」ということを習慣にしましょう。

ありがちなスキンケアの勘違い

化粧を始めたばかりの男性の場合、「化粧水か乳液のどちらかしか使わない」という間違いをする方が非常に多いように思います。

化粧水と乳液にはそれぞれ全く別の役割があります。

  • 化粧水ははだに水分をプラスして
  • 乳液は水分を乳化させて肌に閉じ込める

という役割があります。

化粧水だけをつけて乳液をつけないと、化粧水が顔から蒸発する際に、さらに乾燥をひどくさせる原因にもなり、肌きれい男からは遠ざかってしまう結果になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ